高い技術に裏打ちされた定温輸送

subpage1

定温輸送は、これまで培ってきた高い技術力の賜物です。
積み荷の中には、温度の変化によってたやすく劣化してしまうものも多く、輸送におけるリスクとなってきました。
そこで、より安全に荷物を運ぶ技術として、温度を一定に保つ技法が確立し、現在に至っています。

それはデリケートな薬品や、新鮮さが求められる食材、ときには危険物にも及び、市民生活に欠かせない存在です。定温輸送を実現するものは、徹底した温度管理に他なりません。

定温輸送情報の失敗しない選び方を紹介します。

日本は北と南では気候も大きく変わってきますので、外気に合わせた微妙な調節が必要です。


とはいえ、人力でそれを行うことは、ヒューマンエラーへの懸念があります。


実現するためには、コンピューターによる自動制御が欠かせません。さらに、最近ではGPS技術を応用した遠隔操作も行われるようになりました。

断熱性も、定温輸送における重要な要素です。

NAVERまとめのサイトが登場しました。

外部からの影響を最小限度に抑えることによって、余計なコストをかけることなく、温度管理が容易になります。


コンテナ自体の密閉性を高めるのはもちろん、保護剤にも気密性が保持されたものを使うのが一般的です。そして輸出に関しては、梱包材にも厳格な検疫が求められ、消毒処理された木材などが用いられることになります。

これらを正しく処理するためには、熟練の知識と力量を有した専門企業の力が必要です。



依頼する際には、公式サイトなども見極めつつ、信頼に足るパートナーを選んでいきましょう。

驚く情報

subpage2

さまざまな疾患の治療に使われる医薬品はGMP基準と呼ばれる品質に関するシステム構築がなされている環境での製造が義務付けられています。製造された医薬品が期待した有効性を発揮できなければ患者の症状は改善しないままになるかもしれません。...

more

大事な社会の事

subpage3

徹底した温度の管理を要求される医薬品輸送において、様々な種類のニーズに応じた最も適した温度帯で医薬品輸送のサービスを提供するためには、蓄冷材だけでなく、梱包材においても研究を重ねて、選んだり、場合によっては自分の会社で開発をする必要があります。凍ってしまってはいけなかったり、結露が発生してはいけなかったりなど、医療機関からの色々な要求に応えていく必要があります。...

more

対策方法

subpage4

医薬品の輸送に関する法的規定は、薬事法以外では自主規定しか有りません。しかし、国際的にはWHOが示しているガイドラインがあり、これに準じて自主規定を定めています。...

more

おすすめ情報

subpage5

医薬品は輸送中に品質が劣化してしまっては、本来の効果が得られなく成ってしまうことがあるので、適正な温度で迅速な輸送をすることが重要です。貴重で高価な薬でもいい加減な取り扱いをしてしまっては、薬効が台無しになってしまうだけでなく、薬によっては患者に悪影響が出るケースもあるので、慎重に取り扱う事が大切になります。...

more